らいおんパパ

2009年度

冬イベント「ママもびっくり・モザイクアート」

2009年12月14日

IMG_1112.JPG IMG_1116.JPG IMG_1128.JPG 中日新聞12/13朝刊「はままつ市民」より

生活発表会の翌日の土曜、今年度第2回らいおんパパ主催の冬イベント「親子で作る鍋敷きタイル作り」が園で行われました。
インフルエンザの影響が心配されましたが、親子で160名以上の皆さんでご参加いただきました。

ホールで開会式を行った後、5つのグループに分かれて各保育室に移動しました。そして始めにらいおんパパスタッフにより作り方、コツ、諸注意の説明が行われた後、1テーブルに2家庭の親子が向き合って製作を始めました。

最初にタイルのデザインを方眼紙に描きます。子どもたちは線描きの経験しかないので方眼紙にデザインしていくことが難しかったようですが、お父さんがお子さんのイメージをフォローしながらデザインしたり、また実際にタイルを置いていったりしました。

デザインが終わると木板にボンドで接着していきます。全部で14×14=196枚の小さいタイルを順番に貼っていく作業ですのでかなり時間がかかりますが、親子で協力しながら丁寧に貼っていました。

自分で考えたデザインが徐々に完成していくと、子どもたちも嬉しそうな様子でした。作品が完成した家族は、他の親子の作品を見て回ったりもしていました。最後にグループごとに集合写真を撮ってイベントは終了となりました。

お父さんと完成させた素敵な鍋敷きを家に持ち帰って、お母さんもきっと喜ばれたかと思います。この鍋敷きはこの冬、家庭で鍋料理を作る度にテーブルに登場しそうですね。

私は当初、196枚ものタイル貼りは時間がかかるので子どもたちが途中で飽きてしまうかなと予想していましたが、みんな手先をよく使ってとても集中していました。お父さん方もボンドを付けたり、お子さんが貼ったタイルの位置を修正したりするなど、お子さんの脇役となって上手に作業を手伝っていらっしゃいました。

普段日常生活において、親子で1時間以上の時間、互いに協力しながら製作を行うという機会もなかなか無いと思いますので、今回のイベントはとても良い触れ合いの機会となったかと思います。

らいおんパパの皆様にはイベントの企画、準備等を順調に進めて頂きましてありがとうございました。

なお、イベントの様子は昨日の中日新聞朝刊に掲載して頂きました。

冬イベントに向けて 第3回打ち合わせ会議

2009年12月 7日

IMG_6151.JPG IMG_6153.JPG IMG_6168.JPG IMG_6171.JPG

今週末にイベントを控え、先週土曜にイベントの準備と最終打ち合わせを行いました。
準備ではタイルを貼る木板に1枚1枚ヤスリがけを行ったり、タイルをグループごとに色別に小分けしたりしました。

そして当日参加する方々にサンプルとして参考にしてもらえるよう、試作を行いました。当初、縦16×横16で作る予定でしたが、木板の大きさを考慮して当日も縦14×横14で作ることとなりました。

いろいろ作り方の工程を変えながら作業を行い、制作時間、作り方のコツなどを話し合って、当日参加者の皆さんにアドバイスできるようにしました。
最後に、当日の流れの打ち合わせを行いました。

タイル作りは細かい作業で結構時間がかかりますが、それだけお父さんと工夫・協力しながらの楽しい制作となりそうです。
みんなどんなタイルが完成するか楽しみですね。

冬イベントに向けて 第2回企画打ち合わせ

2009年11月16日

IMG_5844.JPG IMG_5845.JPG

先週の土曜、冬イベント実施に向けた2回目のイベント検討会議が行われました。

前回、最終的に検討された企画案は「ブーケ作り」「凧作り」「鍋敷きタイル作り」の3案でした。これまでお父さん方はこれら企画案に対して費用、材料、製作方法を調べたり、お子さんと試作を作ってみたりして、いろいろ企画の可能性を各自で検討していただいていました。
そして今回、調べた結果を持ち寄り、話し合った結果、

「モザイクタイルで作る鍋敷き作り」

に決定致しました。
お父さんとお子さんが協力してデザイン・製作し、世界に一つしかない素敵な鍋敷きを完成させて、お母さんにプレゼントできるといいですね。

これから寒い季節、家庭の食卓でも鍋料理が時々登場すると思います。そんな時に最適な「オリジナル鍋敷き」作りに是非、皆さんご参加ください。

イベント募集要項は今週の金曜日に皆さんにお配りする予定です。

冬イベントに向けて 第1回企画打ち合わせ

2009年10月26日

IMG_5706.JPG IMG_5705.JPG

12月12日(土)に冬イベントが行われます。
先週土曜の夕方18時より、らいおんパパメンバーが打ち合わせのため園に集まり、冬イベントに向けての活動が始まりました。

今回の打ち合わせはイベント内容を決める企画会議です。会議ではまずメンバーからいろいろなイベント案を出し合いました。アイデア案を少しご紹介すると‥

「工作活動」として
・正月飾り作り
・まが玉作り
・わら細工作り など

「親子クッキング」として
・クッキー、ケーキ作り
・パン作り
・焼き芋、焼きリンゴ作り など

「野外活動」として
・野鳥観察
・気球作り など

この他にもアイデアがいろいろ出ました。

この後、取り上げたアイデアの中から、実施に向けて可能かどうかを検討します。「幼児でも取り組める内容か?」「親子で楽しめる内容か?」「材料を揃えることが容易かどうか?また費用は?」「準備、活動時間の配分は?」などいろいろな角度から話し合います。

話し合いの結果、イベント案を3つに絞り、第2回打ち合わせまでの間、メンバーが各自でそれぞれの案について掘り下げて調べ、次回会議でどの案が一番ベストかを決定します。

第2回の打ち合わせ後、皆さんに募集要項を配布する予定です。
さて、イベント案は何に決まるでしょうか?

鮎のつかみどり&スイカ割り大会

2009年 7月11日

IMG_2674.JPG IMG_2723.JPG IMG_2694.JPG IMG_2708.JPG IMG_2718.JPG IMG_2697.JPG IMG_2720.JPG IMG_2714.JPG

09年度夏のイベント「鮎のつかみどり&スイカ割り大会」が開催されました。梅雨の中、心配されていたお天気にも恵まれて、青空の下で行うことが出来ました。親子で100家庭以上の方にご参加いただきました。

イベントでは3グループに分かれてそれぞれ時間差で活動をします。鮎を焼く炉の火おこしを行うグループ、親子でスイカ割りを行うグループ、鮎つかみを行うグループと分かれました。
炭に火を付ける作業では、参加されたお父さん同士が協力しながら作業していただきました。スイカ割りでは、子どもたちは目隠しをして、お父さんの呼びかけに応じてスイカを割りますが、なかなか割れずに子どもたちも何度もチャレンジをしていました。その後、親子で一緒にスイカを食べました。

鮎つかみでは、10m四方の広い特設プールの中で、何十匹もの鮎が泳ぎまわり、子どもたちも嬉しそうな声を上げながら、捕まえようとしていました。鮎の動きが素早いためなかなか捕まえられず、また捕まえても手からスルッと逃げたりするなど、一生懸命な子どもたちの様子を、お父さん方も応援の掛け声を掛けたりしながら、楽しそうにご覧になっていらっしゃいました。

捕まえた鮎はお父さんに串に刺してもらい、炉で焼きます。そして子どもたちには冷たいジュースとお父さんにはお茶と一緒に、焼きあがった鮎を、親子で美味しそうに食べました。

今日一日、親子で楽しい時間が過ごせたことと思います。
スタッフのお父さん方も、前日のプール作りから買い出しの準備等、いろいろありがとうございました。

前のページを見る 次のページを見る
お父さんとあそぼう!

「子どもたちの喜ぶ姿が見たい!」そんな願いを持つお父さんたちが集まり、自らの企画・立案により、親子のふれあいイベントを行っています。

らいおんパパとは?

ページの先頭へ