園長ブログ

年長

防犯教室

2010年 2月22日

IMG_8120.JPG IMG_8123.JPG IMG_8127.JPG

今日は年長児の防犯教室の日です。
4月から小学校へ歩いて登下校する子どもたちにとって、子どもに対する犯罪に巻き込まれることが無いよう、自分で判断し身を守る行動をすることが大切です。そこで今日は浜松中央署生活安全課の署員の方が講師となって、子どもたちに防犯教室を行って頂きました。

始めは、子どもたちに「知らない人にはついていかない」「一人で遊ばない」「連れて行かれそうになったら助けてー!と大きな声で叫ぶ」など、「5つの約束」をしました。次に赤ずきんちゃんが主人公の防犯ビデオを見て、悪い人に連れ去られないために大切な行動を学びました。

最後に実際の訓練として、署員の方が不審者役になって「ゲームを買ってあげるからおいでよ」と代表の子に誘いかけ連れて行こうとすると、「いやだ!助けて!」と大きな声で助けを求めることができました。

これから新しい学校生活を迎える子どもたちにとって、不審者対応という「人を信じてはいけない」ことを教えなければならないのは大変残念なことではありますが、現実、子どもへの犯罪が増えている実態を考えれば、このような自分の身を守る術を覚えることも必要とされます。でも世の中には悪い人もいるが、ほとんどは良い人ばかりであり、人を信頼することの大切さも合わせて学んで行ってもらいたいと思います。

園の様子

なわとび頑張りました

2010年 2月19日

IMG_7931.JPG IMG_7939.JPG IMG_7940.JPG

12月から頑張ってきた縄跳びも今日で終わりです。
初めて縄に触れた年少さんも、最初は縄を持って電車ごっこなどしていましたが、やがて「たこさん飛び」や「まわしてピョン」、そして先生と一緒に「親子飛び」で徐々に飛べるようになりました。

年中・長も最初はあまり飛べなかった子も、前飛びが何回も飛べるようになったりして、なわとびカードに次々とシールを張ることができる喜びを味わっていました。

上手に飛べる子は「あやとび」等、難しい飛び方に挑戦するなど、自分に対して課題を課して「もっともっと上手に飛べるようになりたい」という意欲を持ち続けています。

出来ない事が頑張って出来るようになるという、自分でも目に見えた成長を自分で知る成功体験がいろいろな自信へとつながっていきます。

「先生、見て見て!飛べたよ!」と飛べるようになったことの喜びを、私たちが子どもたちと一緒に味わうことができるのは大変嬉しいことです。

頑張ったけどまだまだ少ししか飛べなかった子に対しても、その頑張りを十分に認めて次につなげていってもらいたいと思います。

年少

ホットケーキパーティ さくら・つばき

2010年 2月18日

IMG_7761.JPG IMG_7741.JPG IMG_7768.JPG IMG_7746.JPG

今日はさくら・つばき組のホットケーキパーティの日。
これまで他のクラスのパーティの様子を見ていて、「早くやりたいな~」とずっと待ち焦がれていましたが、やっと最後の順番がまわってきました。本当に待ちに待った日です。

先生から作り方をしっかり聞いて、「美味しいホットケーキを作るぞ!お~!」と気合い満々でパーティが始まりました。腕まくりをして生地を一人10回グルグル混ぜます。そして一人ずつ生地を焼いていきます。ヤケドを絶対にしないように制服の袖も伸ばし、ホットプレートに触らないようにして慎重に。やがてホットケーキの甘い匂いがしてきました。今日は生地をひっくり返すのも挑戦。先生と一緒に「よいしょ」と、ひっくり返すと美味しそうな焼き色が付いています。

トッピングを付けて完成。今日も上手に出来ました。私もさくら組さんで一緒に食べさせてもらいました。甘くて温かい美味しいホットケーキでした。みんなお腹が空いていたのか、あっと言う間に「食べちゃった!」と大満足のホットケーキパーティでした。

園の様子

和地小学校との交流

2010年 2月17日

IMG_1921.JPG IMG_1922.JPG IMG_1929.JPG IMG_1923.JPG

今日は和地小学校の生徒さんが体験学習で幼稚園に来られました。
生徒さんたちは年少から年長まで全てのクラスに分かれて、園の子どもたちと一緒にふれあう活動を行ってくれます。

各クラスではまず生徒さん達が自己紹介をしてくれました。その後、一緒にふれあいゲームで遊んだり、生徒さん達が用意した出し物を見させてもらって楽しみました。ピアノが得意な生徒さんは子どもたちに手遊び歌を弾いてくれたり、トランプの手品を見せてくれたりと、いろいろ園の子どもたちが喜べるようにと考えて活動してくれました。

最初は生徒さんも園の子どもたちもお互い少し緊張した様子でしたが、活動を進める中で打ち解けて楽しく活動をしてもらいました。

この時期、生徒さんたちは授業・行事等に追われて忙しい中だったと思いますが、園の子どもたちのためにいろいろと事前の準備をしてもらい、ありがとうございました。園の子どもたちも喜んで、大変よい触れ合い活動になったと思います。

園の様子

避難訓練 起震車体験

2010年 2月16日

IMG_4391.JPG IMG_7704.JPG IMG_7700.JPG IMG_1884.JPG

今日は避難訓練の日。
今回、園では初めて「緊急地震速報」を用いた訓練を行いました。昨年10月に「緊急地震速報機」を全クラスに導入しましたが、もし本当に速報が出た時、本震が来るまでの僅かな間に職員及び子どもたちが落ち着いた退避行動がとれるかどうかを訓練するために行いました。

子どもたちには訓練前に一度テスト音声を放送で聞いてもらい、それから本番の訓練を行いました。(今日訓練で使用したテスト音声はこちらです)
普段の訓練とは違う「地震が来る直前を想定した訓練」ということで、子どもたちも少しビックリした様子でした。でもきちんと先生の指示に従って慌てることなく身構えることができました。
園庭まで避難した後、今日は消防署の方にも訓練の様子を見て頂きましたので、「よくできました」と講評で褒めて頂きました。

その後、今日は地震の揺れを実際に体験できる起震車を消防の方に用意して頂きました。これは子どもたちに地震の揺れの大きさを実際分かってもらうのと同時に、職員がこの大きな揺れの中で、いかに子どもたちの身の安全を守るための行動が出来るか、また落ち着いて的確な避難指示を出すことが出来るか、予め大きな揺れを体感し、心構えをしておくために行いました。
そのため今回、職員は全員体験し、子どもたちはクラスから数人の代表さんが体験してもらいました。

今回は震度6弱で東海地震を想定した揺れを体験させて頂きました。大きなトラックの上でダイニングキッチンを想定したテーブルが用意されており、そこに先生と子どもの計4人が座って揺れを体験させてもらいます。
揺れは横揺れだけでなく縦にもグラグラと揺れ、もしこの揺れが実際に起きれば、部屋の中で固定されていないものは全て落下して散乱すると思われる程の揺れでした。

その後、子どもたちは消防自動車を園庭で見学させて頂きました。所員の方がいろいろと詳しく装置の説明をして頂き、子どもたちも興味深く見学していました。

今回、消防署の方にはいろいろとお世話になり、ありがとうございました。

園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ