園長ブログ

自園給食

自園給食 2回目

2012年12月20日

P1040243.JPG P1040252.JPG P1040260.JPG P1040270.JPG

給食室稼働試験運用として一昨日、半分のクラスで自園給食を行いました。今日は後半クラスの番です。

今回も調理が始まると園内にご飯のにおいが伝わり、クラスでの配膳が始まると部屋の中は美味しそうなにおいでいっぱい。宅配給食では食事のにおいがすることはほとんどありませんので、自園給食は食べる前から食欲をそそられます。

ご飯もその子に合わせ、食べきれる量を調節して盛りつけるようにしていますので、多くの子が完食できました。「ピカピカに食べちゃった!」と、米粒を残さず空になったお茶碗を嬉しそうに見せてくれました。

調理員のお母さんたちはクラスごと決められた食事の時間に合わせて、配膳から下膳の片付けまでとても忙しそうでした。でもみんなのために一生懸命ご飯を作ってくれています。調理員のお母さんたち、これからも美味しい給食作りをよろしくお願します。

自園給食が始まりました

2012年12月18日

P1040203.JPG P1040236.JPG P1040207.JPG P1040222.JPG

自園給食が始まりました。
給食室が初稼働となり、調理・配膳、盛り付け等が職員も調理員さんも初めてとなるため、試験運用として2日に分けて半分の6クラスずつで行います。

給食室で調理が始まると、園内に美味しそうなお味噌汁やおかずのにおいが漂ってきました。子どもたちも給食室のガラス戸をのぞいては、調理員さんたちが忙しそうに働いている様子を見て、どうやってご飯を作っているのかな~と気になる様子。

そして調理員さんによって各クラスへの配膳が始まり、先生たちが料理を盛り付けます。おひつから湯気上がるホカホカごはんや、焼きたての塩鮭が美味しそう。また今日の汁物は豚汁ですが、具の大根は年中さんが農園で育ててくれた大根を利用し、採れたての旬の素材を味わうこともできました。

子どもたちもこれまでのお弁当とは違い、茶碗を持って食べるスタイルとなりました。普段と違うため私達も心配していましたが、今日はこぼす子も少なく上手に食べることが出来たようです。またご飯やお味噌汁のお替りをする子も多く、温かい食事で食も進みました。

こうして子どもたちもこれまで以上に給食を身近に感じ、食に関心を持ってくれたかと思います。これから寒い冬、温かい給食の日々が楽しみです。

前のページを見る 次のページを見る
園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ