園長ブログ

食育

ジャム作り

2015年 1月30日

DSCF0514.JPG DSCF0517.JPG DSCF0527.JPG DSCF0529.JPG

昨日、さくら組でいちごを収穫してもらいました。
今日は年少組全員が集まってジャム作りに挑戦です。

いちご、砂糖、レモンと材料を一つ一つみんなで覚えて、小さく切ったいちごを鍋に入れていきます。子どもたちにもレモンを切ったり、砂糖を入れたりと手伝ってもらいました。

鍋に火をかけてグツグツとカセットコンロで煮ていくと‥、あま~い匂いがただよって来ました。途中何度かアクとりを行い煮続けて完成!いちごが本当のジャムになりました。

子どもたちには小さな食パンに出来立てのジャムを付けて味わってもらいました。
子どもたち、今日は目の前でジャムが出来上がっていく様子に興味津々でしたので、またご家庭でもジャム作りに挑戦してみてください。

きのこ音頭キャラバン

2014年 7月 2日

DSCF2122.JPG DSCF2047.JPG DSCF2052.JPG DSCF2118.JPG DSCF2120.JPG DSCF2130.JPG DSCF2146.JPG DSCF2157.JPG

今日はホクト株式会社の「きのこ音頭キャラバン隊」の皆さんが、園で食育イベントを行ってくれました。

イベントを通じて、様々なきのこの種類があることを知ったり、きのこを食べることは健康に良いことなど、様々なきのこに関わる知識を学びました。

イベントではブナピーちゃんも登場して、一緒にきのこ音頭を踊ったり、記念写真を撮ったりと触れ合うこともできました。

また年中・長はエリンギの収穫体験にも挑戦。エリンギの匂いを嗅いでみたり、触ってみたりと貴重な体験をさせてもらいました。

そして今日の給食は、きのこの豚丼、ぶなしめじが入った煮物、きのこのお味噌汁、ときのこづくしの給食です。食材のきのこもホクトさんからたくさん提供して頂きました。各部屋にはブナピーちゃんも遊びに来てくれて、みんなも大喜び。
きのこがちょっと苦手な子も、今日は頑張って食べようねと応援してくれました。
みんな楽しい一日となりましたね。

※「保護者の方へ」のページにて動画で様子をご紹介しておりますのでご覧ください。また本日、静岡朝日テレビ、静岡第一テレビが取材に来てくださいました。静岡第一テレビでは明日の9:30からの番組で紹介される予定です。静岡朝日テレビは夕方もしくは翌日朝の地域情報番組の枠で紹介されるかもしれません。

えんどうの筋とり

2014年 4月18日

DSCF1448.JPG DSCF1459.JPG DSCF1462.JPG DSCF1465.JPG

今日の給食メニューは春の野菜がいっぱい。
その食材の中で使われる砂糖えんどうを、子どもたちに筋取りをしてもらいました。(砂糖えんどうも地産地消として提供して頂きました)

年中・長の子どもたちにお願いをしましたが、みんな筋取りは初挑戦の様です。ヘタを取るのが少し固いようでしたが、筋はツルっと上手に取ってくれました。一生懸命筋取りをしている様子を、年少さんも見学に来てくれました。

今日のメニューは先日皮むきをしてくれたタケノコご飯と、タケノコやえんどうのお味噌汁、春キャベツのツナあえ等でした。みんな頑張ってくれてありがとう。

タケノコの皮むき

2014年 4月14日

DSCF1402.JPG DSCF1408.JPG DSCF1418.JPG DSCF1431.JPG

今日は年長組がタケノコの皮むきに挑戦しました。
春はタケノコの旬ということで、給食の食材に採れたてのタケノコを用意しました。

皮付きのタケノコ、普段スーパーで見るタケノコと違いますね。
みんなタケノコに触ったり、匂いを嗅いでみたり‥

友達と協力しながら皮をむいていくと、ツルっと何枚もむけていきます。
全部むき終わると大きかったタケノコが随分小さくなりました。

給食室で米ぬかで茹で、今週の給食のメニューに使われます。
みんなが頑張ってむいてくれたタケノコの給食、楽しみですね。

食育環境講座

2013年 7月 3日

P1060713.JPG P1060714.JPG P1060718.JPG P1060720.JPG

今日は年長組を対象に食育環境講座を行いました。

これは浜松市の環境政策課が行う環境学習プログラム(Eスイッチプログラム)の一つで、日常生活に密接した身近な環境問題に対し子どもたちの理解を深めていく環境教育です。

今回は食育をテーマに、給食の献立にどんな食材が含まれているのかを考えたり、一つの食材を取り上げ、様々な食材に加工されていることを知る学習を、2名の講師の先生に行なっていただきました。

子どもたちに分かりやすいようにペープサートを使った物語の中で、苦手な野菜も含めて残さず食べることが残食を減らし、環境に負荷をかけず地球にやさしいこと、また子どもたちが育てた野菜を取り上げながら、旬の物は太陽の光をいっぱい浴びて栄養が豊富であり、温室野菜と比べて省エネルギーで生産されるので旬のものをたくさん食べましょうとのお話がありました。

また今日の献立のお味噌汁を取り上げ、大豆が味噌以外に豆腐や納豆、きなこなどにも加工されていることを実物を見せながら説明し、きなこで作られた「きなこ飴」もおやつとしてみんなで食べてみました。初めて食した子が多く、ほんのりとした甘さの素朴な味ではありますが、みんな「美味しい!」と喜んでいました。

今回、自園給食を導入したことに伴い、子どもたちに給食にもっと関心を持ってもらうことを狙いに行いましたが、子どもたちには食べものを大切にする気持ちを持ち、残さず食べる「もったいない」ことを日頃から意識できるようになってもらいたいと思います。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4|
  • 5
  • 6
園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ