園長ブログ

食育

浜名湖産あさり

2016年 6月21日

DSC_0025.JPG DSC_0033.JPG DSC_0037.JPG DSC_0038.JPG

今日の給食は地産地消メニューで浜名湖産あさりのスパゲッティです。
今年度も保護者の漁師のお父様にご協力をいただき、新鮮なあさりを給食の食材として用意していただきました。

給食の調理に入る前に、子どもたちにも活きたままのあさりを観察してもらいました。ひとつひとつの貝がとても大きくて立派です。時々、塩をピュッと吹いている様子なども見ることができました。

給食前には、年長の「お味見当番」の子どもたちにも試食をしてもらい、あさりの味をクラスで待っている友達に伝えてもらいました。

昨年の給食では、浜名湖産あさりを酒蒸しとして子どもたちに食べてもらいましたが、今回はあさりを蒸した時に出てくる汁をスパゲッティに和えて、あさりの旨みを残さず味わってもらうようにしました。あさりの旨みも濃厚で美味しくいただくことができました。

漁師のお父様には、子どもたちにあさりについていろいろ教えていただいたり、給食室では調理のアドバイスをいただいたりと、午前中ずっとお付き合いいただきました。ありがとうございました。

そら豆のさや剥き

2016年 5月 6日

DSC_0017.JPG DSC_0018.JPG DSC_0025.JPG DSC_0042.JPG

大型連休は天候に恵まれました。
きっとご家族で各地へ遊びに出かけられたのではないでしょうか。
今日は各クラスで連休中の出来事を話し合う様子が見られました。

さて今日は年少組の子どもたちに、そら豆の収穫とさや剥きをしてもらいました。
カゴいっぱいに収穫できたそら豆を一人ずつ持たせてもらい、さやの中から豆を取り出します。筋を取ってさやの真ん中を開くと大きな豆が出てきました。さやの中は白い綿毛のようにふわふわになっています。事前に読んでもらった「そらまめくんのベッド」の絵本と同じですね。

子どもたちに取ってもらったそら豆は、今日の給食で塩茹してさっそくみんなでいただきました。

グリーンピースのさや剥き たけのこの皮むき

2016年 4月18日

DSC_0041.JPG DSC_0029.JPG DSC_0005.JPG DSC_0009.JPG

今日は年少すみれ組さんにグリーンピースのさや剥きを、年長さんにたけのこの皮むきに挑戦をしてもらいました。

園で栽培したグリーンピースのさやが大きくなり、中を覗いてみるとグリーンピースがいっぱい。給食の材料として使えるように、すみれ組の子どもたちにさや剥きに挑戦をしてもらいました。さやを少し剥くだけで中からグリーンピースがコロコロっと出てきます。取り出したグリーンピースをお皿に集めると…たくさんグリーンピースがとれました。みんなとっても上手でしたね。

年長組にも、給食の食材として使うたけのこの皮むきに挑戦をしてもらいました。
何枚も衣を被っているかのようなたけのこ皮を、子どもたちは丁寧に1枚1枚剥がしていきました。周囲にはたけのこの匂いでいっぱい。たくさんあったたけのこも全部年長さんが剥いてくれました。

今はたけのこが美味しい旬ですので、これからたけのこの料理が度々給食が登場していきます。

研究発表大会

2016年 2月12日

DSCF3800-001.JPG DSCF3799-001.JPG 湖東幼稚園 研究発表.jpg

一昨日、浜松市私立幼稚園協会主催の共同研究発表大会がUホールで開催されました。昨年、今年度と2年間、協会加盟園が研究テーマごとに協力しながら研究を行ってまいりました。

当園は「食育」をテーマに、研究リーダー園として共同研究をまとめ、その研修成果を今大会にて発表を行いました。保護者の皆様には、平日保育日の貴重な時間を頂戴いたしましたが、何かとご不便もお掛けし、申し訳ございませんでした。

発表では「子どもたちが楽しくたべるためにはどうしたらよいか?」を研究主題とし、様々な食に関わる直接体験から「食」への興味・関心を抱くようになること、また自園給食の特色ある活用法、家庭との連携の大切さなど、自園での食育活動の実践例の発表を行いました。

この研究についてまとめた研究記録については、また後日、保護者の皆様にも配布させていただきます。

今回の研究成果を日々の保育に反映させ、今後も当園の特色である食育をより一層進めてまいります。

ぶりの解体ショー

2016年 1月25日

DSC_0011.JPG DSC_0017.JPG DSC_0028.JPG DSC_0024.JPG

今日はぶりの解体ショーを行いました。
鮮魚店にお勤めの在園保護者のお父様にご協力をいただき、ブリを子どもたちの目の前でさばいていただきました。

子どもたちは本物の大きなブリを見てビックリ。大きな魚は見事な包丁さばきで3枚におろされ、更にたくさんの切り身に分けられていきました。魚の中骨を見せてもらったり、アラも料理で美味しく活用できるのでほとんど捨てる部分がないことなどを教えてもらいました。

子どもたちにとって魚をさばくことは可哀想に見えるかもしれませんが、魚の命をいただくことで健康な体となることができ、また人の手によって手間暇かけて切り身にされるていることを知って、魚を大切にいただくことにつながればと思っています。

切り身にされたブリは明日の給食で照り焼きに、アラは潮汁に調理されて頂きます。


  • 1
  • 2|
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ