園長ブログ

年少

視力検査

2012年 6月13日

P1010480.JPG P1010481.JPG P1010485.JPG

先週から視力検査を学年ごとに行なっています。
今日は年少児の検査ですが、年少さんはまだまだ検査に時間が掛かるため1日2クラスずつ行なっています。

年少さんもこれまで保育室で練習用ランドルト環を使って、みんなで指差しの練習をしてきました。保護者の皆様にもランドルト環を事前に配布させていただきましたので、ご家庭でもお子さんと一緒に練習していただきましたでしょうか。

子どもの視力は小学校の就学時までにほぼ完成しますので、幼児期に正しい視力が出ているかどうか検査することはとても大切なことです。弱視でも発見が早ければ早いほど治療効果も高くなります。

テレビや本を見るときの姿勢なども視力に影響をします。適切な明るさの部屋で日頃から正しい姿勢を保つことが大切ですね。

内科検診

2012年 5月23日

P1010010.JPG P1010016.JPG P1010017.JPG

今日は年少・中の内科検診です。

内科検診が初めての年少さん。園医の先生の前で「え~ん」と泣いて嫌がるかな?と思いきや、今日はみんなしっかりと検診を受けることができました。みんな立派でしたね。

これからも早寝早起き、ご飯もしっかり食べて、普段からなるべく正しい姿勢を心がけるようにして、健康に過ごしましょう。

初めての給食

2012年 5月 2日

P1000810.JPG P1000811.JPG P1000812.JPG P1000813.JPG

今日から年少さんも給食が始まりました。
給食も初めての経験です。お友達と一緒、先生も一緒、みんなと同じご飯を食べることができて嬉しいですね。

初めての給食はサンドイッチのパン給食でした。パン給食は子どもたち大好き!手にとって食べやすく、おかずもポテトが入っていたりと喜んで食べてくれました。

明日からは後半のゴールデンウィークです。家族で出かけたり、浜松まつりを見たり、どうぞ家族で楽しくお過ごし下さい。みんな、来週は遠足もありますので楽しみにして幼稚園に来て下さいね。

園内巡り

2012年 4月13日

P1000684.JPG P1000688.JPG P1000694.JPG P1000713.JPG

月曜の入園式から5日、初めての週末を向かえました。
年少さん、初めての集団生活で今週は特に緊張したことと思います。でも休まずみんな元気に幼稚園に来てくれましたね、立派でした。

今日は園内巡りを行いました。年長さんが年少さんのために「入園おめでとう!」の気持ちを込めて、胸飾りの手作りペンダントを作ってくれました。そして年少クラスに出向き、年少さん一人ずつペンダントを首にかけてくれました。

そして互いに手をつないで園内を散策しました。2Fの年長クラスでは「僕たちの部屋だよ」と紹介してくれたり、階段の登り下りでも年少さんを気遣ってくれたりとお世話をしてくれました。

まだまだお互い知り合う期間が短いため、何となく互いに緊張した様子ではありましたが、今後ふれあいの機会が増えると共に関わりも深まっていくでしょう。

入園式・登園初日

2012年 4月10日

P1000599.JPG P1000608.JPG P1000619.JPG P1000623.JPG P1000652.JPG P1000655.JPG P1000656.JPG P1000673.JPG

昨日は入園式でした。
園庭の桜もちょうど満開で新入園児の皆さんをお迎えしてくれました。
お天気も風が無く穏やかで良い日和の入園式となりました。

まだまだ小さい新入園児さんたち。下ろしたてピカピカの園服も、まだサイズが少し大きめでブカブカした感じですが、やがて背丈もグ~ンと伸びてピッタリになりますね。

そして今日から親御さんから離れ、初めての園生活が始まりました。「お家帰る~!、ママ~!」の大合唱が始まるかなと思いきや、緊張した表情はしているものの気持ちのよいお天気の下、園庭で砂場や滑り台で遊びを楽しみ、例年に比べ落ち着いて過ごしている様子でした。昨年度チューリップ組さんやなかよし広場で遊ぶうちに園の雰囲気にも慣れてくれたからでしょうか。

今日は出席ノートにシールを貼ったり、チョウチョの模倣遊びをしたり、それからおせんべいのおやつもいただきましたね。

明日も楽しいこといっぱい用意して待っていますので、また元気に登園して下さい。

※今日の様子を「思い出アルバム」に掲載いたしました。ご覧下さい。

園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ