園長ブログ

園の様子

作品展

2010年 1月30日

IMG_7382.JPG IMG_7367.JPG IMG_7357.JPG IMG_7351.JPG

今日は良いお天気の下、作品展が開かれました。
多くのご家族連れにお見えになっていただきました。

年少から年長まで、それぞれ子どもたちの個性あふれる作品をご覧いただけたかと思います。子どもたちはいろいろな廃材の素材の形、特徴、感触を確かめながら自分なりの工夫をして作り上げました。
年長の共同造形では、友達と協力し意見を交わしながら自分たちの力で作り上げて行きました。こうした経験はもうすぐ小学校へ行く子どもたちにとって、自立に向けた大切な経験となりました。
作品展での作品作りの経験をこれからの保育でも活かしていきたいと思います。

お車でお越しの保護者の皆様には手狭な駐車場でご迷惑をお掛けしたことと思います。それからPTAの皆様には駐車場整理などご協力いただきましてありがとうございました。

凧上げ

2010年 1月26日

IMG_7325.JPG IMG_7333.JPG IMG_7347.JPG

今日は雲ひとつ無い快晴となりました。冷たい風も強く吹いていたので、湖東西公園で凧揚げを行いました。

凧がお互い絡まないようにみんな離れて立ち、少しずつ糸を伸ばしていきます。風が強かったので、少し伸ばすだけでもとてもよく揚がりました。年少さんでは凧揚げを始めて経験する子もいたようですが、みんな上手。風でゆらゆらと揚がる凧を見つめ、風の勢いを凧糸を持つ手で感じながら楽しそうな様子でした。

みんなの顔

2010年 1月21日

IMG_1733.JPG IMG_1735.JPG IMG_1734.JPG

作品展ではクラスごとの展示と共に、子どもたちが書いた「顔」の絵も展示します。保育室での造形作りの合間、ホールで子どもたちに顔の絵を描いてもらっています。

作品展では、みんなの「顔」が見に来られる皆さんをお迎えします。「僕が書いた顔はどこかな?」とご家族で探してみてください。

造形作り

2010年 1月20日

IMG_1726.JPGの複製 IMG_1731.JPG IMG_1730.JPG IMG_1728.JPG

今日は午後に研修発表大会があるため午前中保育です。
午前だけの短い時間ではありますが、今日も作品展に向けて製作を続けています。

すみれ組ではみんな少しずつ形が完成してきました。カニさん、カブトムシさんなど箱を組み合わせて上手に作っています。細長い箱をいくつか繋げて車輪を付けた「赤電」の作品もありました。おおよその形ができた子どもたちは、これから折り紙などを貼り付けて作品に色付けしていきます。

ゆり組は発泡スチロールの廃材をを使った作品。発泡スチロールは家電製品の緩衝材など面白い形のものもあり、いろいろな形を組み合わせて作品作りに取り組んでいました。

年長さんは共同造形。つきB組ではみんなの街づくりで大きな作品に取り掛かっています。絵本を参考にしながら、箱を組み合わせてパトカーも作っています。ほしB組では大きな箱に何人かで色塗りを行っていました。どんな作品が完成するか楽しみです。

造形作りが始まりました

2010年 1月18日

IMG_1714.JPG IMG_1719.JPG IMG_1717.JPG

今日から作品展へ向けて廃材を使った造形作りが始まりました。
部屋の中にはたくさんの廃材が用意され、自分で気に入った素材を取りだして来ては積み重ねてみたりして、セロテープなどで接着していきます。
では、来週末の作品展に向けて少しご紹介していきます。

年中はクラスごとテーマに沿った廃材を用いて、それぞれ違った雰囲気の作品が作られます。
まつ組はペットボトルやプリンカップなど透明素材を使った造形です。
たけ組は紙箱や紙管などを作った紙素材の造形です。
ある子どもの作品を見ていると‥、紙管を4本立てその上に箱を載せて‥接着する前におっとっと倒れそう‥どうやって接着しようかと試行錯誤の様子。

また年少組はみんな自由に廃材を使って作品を作ります。
さくら組の様子を見に行くと、「ねぇねぇ、見て!見て!」と自分が作った作品を説明してくれました。「これはお城で、ここがエレベーターになっていて登れるんだよ。ここはお風呂!」と自慢そうに話してくれました。

小さな箱菓子を組み合わせて作った階段があったり、ロケットを操作するボタンを作っていたりと、作品の中に自分なりのこだわりがたくさん見られました。
子どもたちの発想には色々と驚かされます。

園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ