園長ブログ

園の様子

避難訓練

2012年 2月13日

P1000109.JPG P1000111.JPG P1000122.JPG P1000131.JPG

今日は避難訓練を行いました。
今回は消防署の方にも来ていただき、職員の避難誘導や子どもたちの訓練の様子を見ていただきました。

各保育室に設置してある緊急地震速報機を活用して本震が来る前に速報が流れたことを想定し、実際に速報のアラームを鳴らして訓練を行いました。
以下、訓練の流れです。

1.緊急地震速報速報が流れる
2.部屋の中央もしくは机の下に避難
3.本震が収まった後、職員室の給湯室から火災発生
4.119へ通報(通報訓練)
5.消火器で消す(模擬訓練)
6.出火元をなるべく避けたルートで避難誘導

園庭に避難終了後、署員の方から今日の訓練について講評もして頂きました。その後園庭に消防車と救急車を入れて、子どもたちに見学をさせてもらいました。消防車に備わっている機器の説明や救急車の中の様子など、子どもたちに分かりやすく署員の方が説明して下さいました。子どもたちも本物の車を間近に見させてもらい、興味深くお話を聞いていました。

たこあげ

2012年 2月10日

P1000003.JPG P1000013.JPG P1000078.JPG P1000080.JPG

近くの公園で凧揚げで遊びました。

立春を過ぎてもまだまだ暖かさを感じる日はなかなか訪れませんが、子どもたちは冷たい季節風が吹く中、凧揚げに挑戦しました。初めて凧揚げを経験する子もいるようでしたが、糸を伸ばすと簡単に空に舞いがりました。ゆらゆらと気持ちよさそうに揺れて飛ぶ凧を、凧糸をしっかり掴みながら面白そうに見上げていました。

園ではあまり凧糸を長く伸ばしてしまうと他の子の凧と絡まってしまうので短くして飛ばしますが、できればもっともっと高く飛ばせてあげられればいいんですが‥
是非ご家庭では親子で凧揚げを楽しんで、広い公園でダイナミックに飛ばせてあげてください。

豆まき会

2012年 2月 3日

IMG_0091.JPG IMG_0103.JPG IMG_0105.JPG IMG_0115.JPG

今朝は今シーズン一番の寒さでした。

最低気温-3度ぐらいだったようですが、温暖な浜松でこれだけ気温が下がるのも珍しいですね。明日は立春。徐々に寒さも緩んで暖かくなっていくと思いますが、今朝は本当に暖かい春を早く待ちわびる気持ちになりました。

さて今日は節分ということで、ご家庭でも豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりするのではないでしょうか。園ではホールで豆まき会を行いました。鬼が登場すると泣けてしまった子も、その後の豆まき・菓子まきでは必死になってひろい集めていました。

悪い鬼を退散させて気分も一新、園でも清々しく春を迎えたいと思います。

作品展

2012年 1月28日

IMG_9606.JPG IMG_9612.JPG IMG_9614.JPG IMG_9619.JPG

今日は作品展が行われました。

年少から年長までの作品を順路に従ってご覧頂くことで、素材や技法の違い、子どもたちの発達差をご覧頂けたか思います。自分が作った作品を前に、親子で楽しそうに会話をしている様子が見られました。

ホールでは牛乳パックを使った干支の作品を展示しました。12クラスで1クラスずつ十二支の干支を作り上げて行きました。また未就園児のチューリップ組で作った作品も展示されました。

日差しの少ない寒い日となりましたが、大勢の親子の皆さんにご来園いただきましてありがとうございました。



先日のジュビロ訪問サッカースクールの様子が、ジュビロ磐田のオフィシャルHPで紹介されています。宜しければご覧ください。
www.jubilo-iwata.co.jp/blog/

照度検査 空気検査

2012年 1月25日

IMG_9516.JPG IMG_9520.JPG

幼稚園では法律に基づき、夏と冬の年2回、保育室の空気検査を行います。

子どもたちがいない夏休みには、保育室を密室状態にしてホルムアルデヒド等の揮発性物質の濃度を測り、インフルエンザが流行る冬の時期は保育中に二酸化炭素濃度を測り、空気が汚れていないかどうかを確認します。

今日はその二酸化炭素濃度の測定と同時に、保育室内が適度な明るさかどうかを確認する照度検査も行いました。今日の測定結果は、濃度も照度も学校環境衛生基準に定められた基準値以内で問題ありませんでした。

風邪が蔓延することが無いよう、保育室内の空気も適度に換気を行なっていくよう努めて参ります。

園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ