園長ブログ

2013年 7月

お泊り保育 夕べの集い キャンプファイヤー

2013年 7月21日

DSC_0183.jpg DSC_0190.jpg DSC_0199.jpg DSC_0201.jpg DSC_0211.jpg DSC_0276.jpg DSC_0304.jpg DSC_0313.jpg

お煎餅とミニゼリーをおやつに頂いた後、部屋で休憩をとりました。

その後夕べの集いを外の広場で行い、園旗の降納を行いました。そして食堂で夕食です。今日のメニューはハンバーグ、ナゲット、星形コロッケなどおかずがたくさん。子どもたちもお腹がすいたのか、食が進んでいました。

そしてお楽しみのキャンプファイヤーです。夕闇が訪れ、いなさ湖から吹き上げる風が涼しく、とても気持ちがいいです。みんなでキャンプだホイを踊ったり各、クラスの出し物を披露しているうちに、辺りは暗くなってきました。すると大松に火を灯した神様が登場。辺りがファイヤーの炎で明るく照らされました。

お泊り保育 観音山到着 沢遊び

2013年 7月21日

DSC_0139.jpg DSC_0144.jpg DSC_0149.jpg DSC_0166.jpg DSC_0179.jpg

お泊まり保育が始まりました。
観音山の天候は曇り、吹く風も爽やかで暑すぎず、ちょうどよい気温です。

子どもたちは、出会いの集いをホールで行った後、お昼を食べ、沢遊び場へ向かい元気に歩いて出掛けました。沢は雨が少ないせいか、やや水量も少なめでしたが、水は冷たく子どもたちもサワガニを見つけて喜んでいました。

宿舎に戻った後、シャワーを浴びてサッパリして、これからおやつを食べます。

たっちゃんの紙芝居

2013年 7月18日

P1070071.JPG P1070079.JPG P1070086.JPG P1070090.JPG

今日は観劇が行われました。
例年、人形劇を鑑賞するのですが、今年の観劇は趣向を変えて「紙芝居ライブ」を公演される名古屋の「マーガレット一家」たっちゃんさんにお願いをしました。

たっちゃんは、自転車の荷台に紙芝居の道具を載せて登場。紙芝居では言葉遊びのお話「さよなら三角またきて四角」を子どもたちと掛け合いをしながら、また昔話「たべられたやまんば」では、効果音の小道具を使いながら迫力ある紙芝居を演じてくれました。

たっちゃんのユニークなパフォーマンスで子どもたちも笑顔いっぱいでした。

マグロの照り焼き丼

2013年 7月17日

P1070049.JPG P1070053.JPG P1070061.JPG P1070069.JPG

今日の給食はマグロの照り焼き丼です。

昨日、マグロの解体ショーが行われ、たくさんのマグロの切り身が給食室へ運ばれました。子どもたちは今日の給食で、マグロを食べることをとても楽しみにしていたようです。

照り焼きにされたマグロは、錦糸卵と醤油で炊き込まれたご飯の上に乗せられています。この醤油ご飯は、遠州地域ではおさくらごはんとも呼ばれているそうです。その他、子どもたちが栽培したキュウリの浅漬やミニトマト、そしてピーマンの入ったお味噌汁です。お味噌汁の中のピーマンは全く苦味がなく、野菜嫌いな子どもたちも自然に食べられそうです。

子どもたちも「美味しい!」と食べながら、昨日の解体ショーの話も登場していました。明日はお楽しみバイキング給食です。明日も楽しみですね。

マグロの解体ショー

2013年 7月16日

P1060954.JPG P1060966.JPG P1060984.JPG P1060992.JPG P1060996.JPG P1070009.JPG P1070010.JPG P1070020.JPG

今日は浜松水産物商業協同組合青年部様にご協力いただき、園でマグロの解体ショーが開かれました。

今日用意して頂いたマグロはハワイ沖で獲れ、日本まで空輸されてきた40kgの生マグロです。大きさもちょうど子どもの背丈と同じぐらい大きいです。

会場にはマグロ以外に、浜名湖で今朝獲れたばかりのエビ、カニ、タコ、うなぎの他、アジやクロダイなど様々な魚が生きたまま並べられました。子どもたちは最初、解体される前のマグロや浜名湖の魚を近くで見させてもらいました。マグロを目の前にして「大きい!」と驚いていたり、エビやタコが動いている様子を見て喜んでいました。

そして解体ショーが始まり、マグロの大きな頭が切り落とされ、子どもたちも近くで見させてもらうと「すご~い!」と歓声の声があがりました。職人さんの見事な包丁さばきで、次々と切り身に切り分けられていきました。そして切り身は栄養士さんに手渡され、給食室で明日のメニュー「マグロの照り焼き丼」の下処理が行われます。

最後に職人さんが浜名湖の魚について「みんなが住んでいる近くにある浜名湖では、いろんな美味しいお魚がたくさん獲れます。だからみんなも新鮮で美味しいお魚をいっぱい食べましょう。またお魚は捨てる所がありません。魚のアラの部分も廃棄せず、全てブタさん等の飼料として使われます。お魚はとってもエコで環境にも優しいんですよ。」とのお話もありました。

普段、スーパーでしか魚の切り身を見たことがない子どもたちも、今日の解体ショーで魚の体のことや切り身ができるまでの過程を知ることができました。そして魚を食べることで自分たちが大きくなることができるのであり、食べものを残さず大切に食べるという気持ちが、この体験を通じて育ってくれることを期待しています。

  • 1
  • 2|
  • 3
  • 4
園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ