園長ブログ

2010年 6月

はましん絵画展示

2010年 6月 7日

IMG_9849.JPG IMG_9850.JPG

今日から浜松信用金庫 湖東支店において、年長組の絵画を展示していただいています。(展示スペースもあり、全員分ではありません)

つきA組はすごろくの絵です。見るだけでなく、実際にすごろくで遊んで楽しめて面白いですね。

ほしBは時計の絵です。3時におやつを食べている絵や、7時にご飯を食べている絵など、それぞれの時間に自分たちが行っていることを描きました。時計の時間を意識して生活することも大事ですね。そういえば「時の記念日」ももうすぐです。

浜信さんで今月25日までの営業時間中展示して頂いていますので、よろしければ皆さんご覧ください。

田植え見学

2010年 6月 4日

IMG_2863.JPG IMG_2858.JPG IMG_2872.JPG IMG_2867.JPG

今日は園の近くの水田まで行って、田植えの様子を見学させてもらいました。
この水田は、地域の「二反田環境保全会」の方々が農村環境向上のため整備をされていて、昨年度、園の餅つき大会ではここで栽培されたもち米を無償提供して頂きました。

今日子どもたちには、餅つきで食べるもち米はどうやって育てられるのか関心を持ってもらうために、当園の元PTA会長でいらっしゃる山下昌利様にわざわざ田植えのデモンストレーションを行って頂きました。

子どもたちは水田の周りに座り、耕運機で自動的に稲が植えられる様子を間近に見させてもらいました。私自身も含め子どもたちも、田植えを近くでじっくりと見させて頂く機会もあまりないので、綺麗にまっすぐ植えられていく様子をとても興味深く見させて頂きました。

有機栽培をされているということで、水田の中をよく見ると、タニシやオタマジャクシ、カエルなど生物がたくさんいて、水田の周りにはチョウチョやトンボが飛びまわっていました。また近くで作業をされていた農家の方が、水田の中にいた大きなカメを子どもたちのために獲っていただき、子どもたちも大喜び。

子どもたちも今日は園近隣の自然に触れられて、とても良い経験だったと思います。私も園の周りにこれだけの自然が残されていたことを改めて思い直しました。

今日、子どもたちのために田植えを見せて頂いた山下様、ありがとうございました。子どもたちもこれからまた園外散歩に出た際に、稲の生長の様子を見守っていきたいと思います。

内科検診

2010年 6月 2日

IMG_9816.JPG IMG_9818.JPG IMG_9820.JPG

今日は年長、年中2クラスの内科検診の日です。

歯科検診、ぎょう虫検査、尿検査に続き、この後視力検査も控えていて、検査ばかり続きますが、これも学校保健安全法に基づいて6月末までに全ての健康診断を終わらせないといけないためです。

今日の内科検診では子どもたちの栄養状態、脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無、心臓の疾病及び異常の有無など、園医の藤田先生に診ていただきました。

今日は年中、長の子どもたちですので検診を待つ態度も立派。先生の検診のお邪魔にならないように、静かに順番を待っていました。
次回検診を受ける年少児も、お兄さん、お姉さんの検診の様子を見学させてもらいました。

年少さん、お医者さんが聴診器を胸に当てて、心臓の音を聞かせてもらうだけで何も怖くないから大丈夫ですよ。

チューリップ組

2010年 6月 1日

IMG_9793.JPG IMG_9796.JPG IMG_9804.JPG IMG_9801.JPG

今日は今年度初めての未蹴園児親子教室「チューリップ組」の日(A日程)です。
桜台にお住まいの約60組の親子の皆さんにご参加頂きました。

ホールでは先生たちが行うペープサートを見たり、手遊びを行ったりしました。そして親子で楽しめる「親子体操」を行いました。体操の中で、お子さんたちはお母さんの膝の上で遊んだり、だっこしてもらったりして嬉しそうでした。

園庭では、親子で自由に遊んでもらいました。ドラえもんの遊具で遊んだり、お母さんとサッカーをしたり、ブランコに乗ったり、園庭のあちこちを探検したりしていました。それからやっぱりお砂場が大人気。お子さんたちは思い思いにおもちゃを使って砂で遊び、お母様同士は砂場の周りで楽しく会話をされている様子が見られました。

今日参加の皆さん、ちょっぴり幼稚園はいかがでしたか?また次回の日程に遊びに来て下さい。

前のページを見る 次のページを見る
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4|
園長プロフィール

湖東幼稚園園長 山口崇
園長の山口崇(たかし)です。
園での子どもたちの様子をこのブログを通じてお伝えします。
「今日、幼稚園でこんなことがあったよ!」と話すお子さんと、ご家庭での話題にしていただけたら幸いです。

ページの先頭へ